名古屋市港区で共有名義の不動産を売却する方法を解説!

名古屋市港区で共有名義の不動産を売却する方法を解説!

相続や離婚により家を売却したいと思った場合、共有名義だと手続きが難しそうなイメージがあるかと思います。
しかし、この記事を読んでいただければ、共有名義の不動産を売却する手順についてご理解いただけると思います。
ここからは、名古屋市港区で共有名義の不動産を売却する方法を解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における共有名義とは

共有名義とは、複数人で1つの不動産を所有している状態のことです。
たとえば、相続人が複数いる場合、全員で1つの不動産を所有しているケースは珍しくありません。
また、夫婦で家を購入する際に、2人で共有名義にするケースもよく見られます。
なお、単独名義とは1人で1つの不動産を所有している状態を意味します。
そのため、不動産を所有する人数が共有名義とは異なると覚えておきましょう。
共有名義の不動産でも、売却は可能です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

共有名義の不動産を売却する方法

共有名義の不動産は、どのような方法で売却できるのでしょうか。
下記では、ケース別に売却する方法を解説します。

離婚

離婚したときは、すべての不動産を売却することと、共有者に買い取ってもらう方法がおすすめです。
住宅ローンの問題などを後に残すと、離婚した相手とやり取りしなければなりません。
完全につながりを切るためにも、不動産をすべて売却することや、共有者の単独名義にして買い取ってもらうようにしましょう。

相続

相続財産が不動産以外にもある場合は、相続人のうち誰か1人の単独名義にすることが理想的です。
その際は、他の相続財産との配分を平等にしておくことをおすすめします。
また、相続財産が不動産のみの場合、単独名義にする以外に下記の方法が考えられます。

  • 相続せずに売却する
  • 相続放棄
  • 分筆する

相続する意思がないときは、売却や相続放棄を検討したいところです。
また、財産を公平に分ける意思があれば、分筆をおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

共有名義の不動産を売却する際の注意点

共有名義の不動産は、複数の所有者がいるため、通常のケースにはない注意点があります。
まずは、共有者の意思を確認することです。
たとえば、単独名義にまとめる場合は1人の財産になるため、他の相続人の同意を得て行動するようにしましょう。
また、不動産売却の手続きには、不動産会社に仲介依頼をするのがおすすめです。
共有名義の不動産売却では、共有者間のトラブルに発展するケースが多く、そのような場合に第三者目線での判断が必要になるからです。
所有者だけでやり取りを進めないことを、注意点として覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

共有名義とは、1つの不動産を複数人で所有することであり、このような不動産も売却可能です。
この記事で解説した注意点を参考にして、共有名義の不動産売却を検討してみましょう。
私たち「ハウスドゥ!港区油屋町店」は名古屋市港区を中心に、近隣エリアも含めて不動産売却のご相談に応じております。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日・他当社カレンダーによる

関連記事

成約事例

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ