不動産売却前のリノベーションはNG!リノベーションが不要な理由を解説!

不動産売却前のリノベーションはNG!リノベーションが不要な理由を解説!

海外と比較し、新築思考が根強い日本ですが、最近では中古物件の流通も盛んになってきています。
とくによく見かけるのが中古物件をキレイにリノベーションし、新築のように販売するケースです。
リノベーションをして高値で売却したいと考えている方もおられるかもしれませんが、一般の方が不動産をリノベーションして売却することはリスクが高いといえます。
この記事では不動産売却前のリノベーションについて解説しています。
名古屋市港区で不動産売却をご検討中の方は、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリノベーションは不要?

不動産売却前にリノベーションをするメリットは、高値で売却できることです。
しかし、大幅なリノベーションとなるとその費用を回収することが難しくなるのでオススメできません。
たとえば2,000万円の不動産に1,000万円掛けてリノベーションを施しても、売却価格を3,000万円にすることは難しく、恐らく2,500万円前後になることが予想されます。
一方で中古物件を購入し、リノベーションをしてから再販する事業をしている不動産会社もあります。
そのような事業は、不動産売却に関するノウハウや利益率などの計算も必要とされるため、一般の方が同じことをするのは難易度が高いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にするなら?リノベーションとリフォームの違いとは?

リノベーションとよく似た言葉でリフォームがあります。
リノベーションが既存の不動産に新たな機能を加えたり機能的改善をする方法、リフォームが古くなった部分を修復する方法です。
不動産売却前にするならリノベーションではなく、リフォームがオススメです。
たとえば壁紙や床の張替え程度のリフォームなら費用を抑えつつ、見た目の印象が大きく変わります。
一方でダイニングキッチンをリビングダイニングキッチンに間取り変更したり、キッチンをシステムキッチンに変更したりするいわゆるリノベーションには注意が必要です。
費用も大きく掛かるので、リノベーション費用を回収することは難しいでしょう。
できるだけ費用を掛けず不動産売却することがリスクを抑えられるオススメの方法です。
比較的キレイな不動産ならハウスクリーニングだけで済ませても問題ありません。
名古屋市港区で不動産売却前のリノベーションについてお困りの方は、一度ご相談ください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は不動産売却前のリノベーションについて解説しました。
大幅なリノベーションは費用を回収することが難しく、費用を掛けないリフォームやクリーニングだけにしてリスクを抑えた不動産売却がオススメです。
私たち「ハウスドゥ!港区油屋町店」は名古屋市港区を中心に、近隣エリアも含めて不動産売却のご相談に応じております。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
火・水曜日 年末年始

関連記事

成約事例

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ