リースバックでの不動産売却とは?リバースモーゲージとの違いも解説!

リースバックでの不動産売却とは?リバースモーゲージとの違いも解説!

「まとまった資金が必要だけど引っ越しはしたくない」そんなときには、リースバックによる売却を検討してみましょう。
リースバックを利用する際は、メリットだけでなくデメリットについてもしっかりと把握しておくことが大切です。
今回はリースバックでの不動産売却のメリット・デメリット、リバースモーゲージとの違いについても解説します。
名古屋市港区周辺で不動産売却をご検討中の方はぜひ記事を参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるリースバックとは?

リースバックとは、リースバックを取り扱う会社に自宅を売却後、賃貸契約を締結し、毎月家賃を支払うことで自宅に住み続けることができる売却方法です。
リースバックには次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

売却後に引っ越しをしなくても良い
売却後に家賃を支払うことによって、そのまま住み続けることができます。
引っ越しの費用や手間もかからず、売却したことが周囲に知られることもありません。
現金化までが早い
通常の不動産売却では、買主が見つかるまでにどれくらいの期間がかかるかわからないというリスクがあります。
リースバックはリースバック会社が買い取るため、現金化が早いというメリットがあります。
買い戻せる可能性がある
通常の不動産売却と違い、将来買い戻せる可能性があります。
買戻しを希望しているのならば、家を売却する際に「再売買予約権」を設定したうえで契約を結びましょう。

デメリット

売却金額が相場より安い
リースバックは通常の不動産売却と比べ、売却価格が相場より安くなるデメリットがあります。
リースバック業者が投資用物件として取引するため、利回りを重視した査定額となるためです。
家賃が相場よりも高い
リースバック会社は投資用物件として利回りを考えるため、買取価格に見合った家賃の設定をします。
そのため買取価格が高ければ、家賃もその金額に応じて高くなるということを知っておきましょう。
買戻し時に売却価格より高くなる
買戻し価格が売却したときの価格より高くなることにも注意しましょう。
一般的には、売却価格の1.1~1.3倍程度の値段となります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

リースバックでの不動産売却を解説!リバースモーゲージとの違いとは?

リースバックと似た言葉で、リバースモーゲージという高齢者向けの融資システムがあります。
リバースモーゲージとは、居住中の家を担保にしてお金を借りることができるシステムです。
居住中は利息のみの返済で、契約者が亡くなった後に担保にしていた不動産を売却して一括返済します。
年齢制限のないリースバックとは違い、リバースモーゲージは55歳~60歳以上の年齢制限があります。
また家族の同居に制限がないリースバックと違い、リバースモーゲージでは同居する家族が配偶者のみといった制限がつくこともあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

リースバックとは、売却後も家賃を払いながら自宅に住み続けることができる売却方法です。
メリットやデメリットも理解して、自分に合う売却方法なのか検討してみましょう。
私たち「ハウスドゥ!港区油屋町店」は名古屋市港区を中心に、近隣エリアも含めて不動産売却のご相談に応じております。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日・他当社カレンダーによる

関連記事

成約事例

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ