名古屋市港区での平屋の売却は難しい?実際はどうなのかを解説!

名古屋市港区での平屋の売却は難しい?実際はどうなのかを解説!

平屋は売却が難しいといわれる一方でニーズが高まりつつあります。
では平屋はどのように売却すると良いのでしょうか。
この記事では、名古屋市港区での平屋の売却は実際はどうなのかを解説し、売却方法のコツや注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

「平屋の売却」実際は売れにくいのかを解説

平屋が売れにくいと言われるのは平屋におけるデメリットの部分が原因です。
まず、平屋とは階段がなく、ワンフロア全体に居住スペースが収まっている建物です。
そのため、家族の人数が多い世帯には広大な敷地面積が必要になること、平屋の建物は2階建てよりも坪単価が高くなりがちなために敬遠されています。
また、平屋は外からの視線が入りやすいためにプライバシーの確保が難しい点や、防犯上のリスクが高い点もデメリットです。
しかしその一方で、平家のニーズも高まりつつあります。
階段がないので高齢者にとって住みやすい家です。
また、ワンフロアに居住スペースが収まっているので、家族とのコミュニケーションがとりやすいです。
庭があると、どの部屋からも自然を側に感じられます。
このように平屋の魅力が見直されつつあるので、平屋へのニーズも高まっていると考えられます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

「平屋の売却」実際に上手に売るコツや注意点をご紹介

では平屋を実際に売るコツや注意点をご紹介します。

リフォームしてから売却

築年数が少ない建物の場合は、水回りなどをリフォームしてから売却するのがおすすめです。
しかし劣化部分をすべてリフォームしても買い手のニーズに合っていなかったり、売却価格にリフォーム代を上乗せできなかったりする場合があるので注意が必要です。
ポイントをおさえてリフォームしましょう。

更地にしてから売却

木造住宅の場合、築年数が20年~25年を経過すると建物の価値はほとんどなくなるので、建物を解体して更地にしたほうが高く売却できる可能性があります。
しかし、解体費用がかかる点に注意しましょう。
たとえば30坪の木造住宅の場合には、約120万円の解体費用が必要です。

平屋のメリットをアピールしてそのまま売却

平屋のメリットを買い手に最大限にアピールしましょう。
たとえば、家族とのコミュニケーションが取りやすい点です。
ワンフロアに居住地が収まっているので、家族の動きが感じられます。
また、庭があればどの部屋からもすぐに外に出られるので、気軽にガーデニングやバーベキューを楽しめられるのが魅力です。
自然を楽しみながら家族と生活が楽しめる部分をアピールしましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

平屋にはデメリットの部分が要因で売れにくいといわれています。
しかしその一方で、家族のコミュニケーションが取りやすく高齢者に住みやすい点から、ニーズが高まりつつあります。
平屋の売却方法にはいくつか方法をご紹介しましたが、特殊な建物の売却を得意とした不動産会社に相談するのがおすすめです。
私たち「不動産売買・買取専門店アビテナ」は名古屋市港区を中心に、近隣エリアも含めて不動産売却のご相談に応じております。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
火・水曜日 年末年始

関連記事

成約事例

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ