名古屋市港区の空き家対策とは?特別措置法と空き家の対処法をご紹介!

名古屋市港区の空き家対策とは?特別措置法と空き家の対処法をご紹介!

名古屋市港区では、空き家問題に対応するため、国が定めた「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づき、空き家対策に取り組んでいます。
名古屋市港区では空き家が増加しているため、早急に対処する必要があります。
そこで、名古屋市港区の空き家状況と空き家の対処法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

名古屋市港区の空き家状況と特別措置法に基づいた空き家対策とは

空き家とは、居住者や利用者がいない状態が続いている、管理されていない建物のことです。
空き家を放置し続けていると、建物の劣化による倒壊や放火などの犯罪の発生、害虫の巣窟になる危険性もあります。

名古屋市港区の空き家対策

名古屋市では平成26年4月1日に、空き家の適切な管理について定めた「名古屋市空家等対策の推進に関する条例」を施行しました。
名古屋市は、平成26年に策定した「名古屋市空家等対策の推進に関する条例」を計画の第1期とし、令和4年3月28日には、「第2期 名古屋市空家等対策計画」を策定しました。
名古屋市の空き家対策を、より効果的かつ効率的に推進していくための取り組みがまとめられました。

名古屋市港区の空き家の状況

2018年の名古屋市港区の空き家数は、7,705戸でした。
過去のデータを見てみると、2008年は7,300戸、2013年は9,013戸となっています。
2013年と比べると、2018年は空き家数が減少しています。
同じ名古屋市内で比較すると、もっとも空き家数が多いのは名古屋市中川区で13,680戸、名古屋市の中心地である中区は10,840戸です。

名古屋市が策定した空き家対策計画

「第2期 名古屋市空家等対策計画」の計画期間は、令和4年度から令和8年度までの5年間で、計画の対象は名古屋市全域です。
空き家問題に対応するため、予防・利活用・適切な管理の3つの方針で、空き家対策に取り組んでいます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

名古屋市港区の空き家対策から考える!空き家の対処法

名古屋市では、「空き家総合電話窓口」を開設し、空き家の所有者やその家族から空き家に関する相談を無料で受け付けています。
そのほかに、空き家の対処法として下記をおこなっています。

空き家管理サービスを利用する

空き家の管理者の代わりに、不動産会社やNPO法人などが室内の清掃や庭の除草などをおこなうサービスです。
名古屋市では「空き家管理パック」という名称でおこなわれています。

空き家バンクに登録する

空き家バンクに空き家の情報を登録し、購入希望者に空き家の情報を提供します。

賃貸物件として貸し出す

空き家を賃貸物件として貸し出すことで、居住者のいない状態を解消し、建物や住宅設備の劣化を防ぎます。

売却する

空き家を売却しても、なかなか買い手が付かないこともあります。
その場合は、不動産会社が直接買い取る「買取」での売却を検討するのもおすすめです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

名古屋市港区の空き家数は減少していますが、名古屋市全体の空き家率は高いため、今後も空き家が増加しないように引き続き対策に取り組む必要があります。
空き家の管理に悩んでいる方、空き家を売却したい方は、ぜひ弊社にご相談ください。
私たち「不動産売買・買取専門店アビテナ」は名古屋市港区を中心に、近隣エリアも含めて不動産売却のご相談に応じております。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
火・水曜日 年末年始

関連記事

成約事例

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ