名古屋市港区で家を売るのに適したタイミングとは?注意点も解説

名古屋市港区で家を売るのに適したタイミングとは?注意点も解説

この記事では名古屋市港区で不動産売却を検討している方に、相場動向など様々な観点から家を売るタイミングや、狙うべき時期についてご紹介いたします。
せっかく家を売るなら好条件で買い手がついてくれると嬉しいですよね。
売却をする際の注意点についてもご紹介していますので、売りに出すタイミングを事前に計画して決めていきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

相場動向などの観点から家を売るタイミングを決める

不動産の売却相場をみて適切な売却のタイミングを考えていきます。

  • 売却相場が「下落傾向」なら「早めに売却」したほうが良い
  • 売却相場が「上昇傾向」なら「売却は遅め」でも良い
  • 売却相場が「横ばい」なら「いつ売り出し」ても良い

売りたい不動産の近くに将来ショッピングモールや駅が新しくできるなど、今後売却価格の上昇が見込まれるときは、そのときを待っても良いでしょう。
反対に、利便性が悪くなる要素があれば売却価格が下落する可能性があるので、早めに家を売る準備をするほうが良いと考えられます。
適切な売り時を決めるときは売却相場と、今後周辺の利便性に影響が出る計画がないかをチェックするようにしましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

家を売るタイミングを見極めるための注意点とは

家を売るタイミングを考える際は、「売却相場の動向」や「ライフスタイルの変わり目」のほか、「税制優遇の期間」に注意しましょう。
税制優遇は、購入希望者にとってお得な制度なので、家を売るタイミングを決めるときは税制優遇期間中に売却を考えるのも手です。
また、売却期間は一般的に3~6か月かかることが多く、中古一戸建て住宅に比べて中古マンションのほうが早く売れる傾向があります。
中古一戸建てを売却したいと検討している場合は、少し早めに売却活動するようにしましょう。
注意点を考慮しながら、売却期間中に税制優遇が終了してしまうことがないように計画を立てて売却するようにしましょう。
そのほか、ライフスタイルから考える家を売るタイミングをランキングでご紹介します。

  • 1位:住み替え
  • 2位:資産整理
  • 3位:転勤・転職・相続

※不動産会社の口コミ・評判サイト「おうちの語り部(ouchi-ktrb.jp)」調べ。
住み替えは、「親との同居」や「子どもの入学で学校の近くに引っ越したい」などライフスタイルの変化に伴う理由が多いです。
転勤や転職、入学などの時期を考慮すると、家を売るタイミングは2月が向いている時期だと考えられます。
住み替え需要が増えるので好条件で売却できるチャンスになりますよ。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

売却活動は周辺の売却相場と動向、利便性に影響がでる計画がないかをチェックしたうえで考えていくことが大切です。
家を売るタイミングは2月が最適ですが、中古一戸建てを売りたい場合は少し早めに売却活動することを意識して検討するようにしましょう。
私たち「不動産売買・買取専門店アビテナ」は名古屋市港区を中心に、近隣エリアも含めて不動産売却のご相談に応じております。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
火・水曜日 年末年始

関連記事

成約事例

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ