不動産売却時に旗竿地は売れにくい?売れやすくするための方法とは?

不動産売却時に旗竿地は売れにくい?売れやすくするための方法とは?

不動産売却を検討する際に、旗竿地だから売れにくいかもしれないと、不安に思う方もいることでしょう。
なぜ、旗竿地は売れにくいのでしょうか。
今回は、名古屋市港区を中心に近隣エリアで不動産売却を検討中の方に向けて、旗竿地がどのような土地なのか、また旗竿地を売れやすくするための方法や注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に売れにくい「旗竿地」とはどのような土地?

不動産売却の際に、売れにくいとされている旗竿地についてご紹介します。

旗竿地とは?

旗竿地とは、竿についた旗のような形状をしている土地のことをいいます。
出入り口となる道路に接している竿の部分の土地はせまく、奥の旗の部分の土地は、建物が建てられるほどの面積があるのが特徴です。

旗竿地は売れにくいの?

不動産売却の際、旗竿地は建物を建てる部分の土地が奥まっており、多くのケースで周りを建物に囲まれています。
一般的な形状の土地と比較して、活用するためには工夫が必要です。
日当たりが確保できない場合や、建築・取り壊しにコストがかかる可能性もあり、売れにくくなります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に旗竿地を売れやすくするための方法とは?

不動産売却時に、旗竿地を売れやすくするための方法と注意点をご紹介します。

旗竿地を売れやすくする方法とは?

旗竿地をスムーズに売却する方法として、隣接している土地の所有者に買い取ってもらう方法があります。
旗竿地を隣地と合筆して1つの大きな土地にすることで、隣地の資産価値が上がる効果もあるため、隣地所有者に相談してみると良いでしょう。
日頃から隣地所有者と良好な関係を築いておくことが大切です。
また、とにかく早く売却したい場合は、不動産会社による「買取」を利用する方法もおすすめです。
不動産会社が買主となるため、査定から売却までをスムーズに済ませることができます。

旗竿地を売却する際の注意点

旗竿地を売却する際の注意点として、建物がある場合の解体は慎重に検討しましょう。
旗竿地の場合は、売れるまでの期間が長くなる可能性があります。
すぐに更地にすると固定資産税の特例を受けられなくなり、税金の支払額が増えてしまいます。
また、建物がある場合は一戸建てとして売却したり、賃貸物件として貸し出したりと、建物を活用できる可能性もあるのです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却の際の「旗竿地」についてご紹介しました。
旗竿地を売却する際は、通常の形の土地よりも売れにくい可能性があります。
できるだけ早く売却したいとお考えの場合は、不動産会社までご相談ください。
私たち「不動産売買・買取専門店アビテナ」は名古屋市港区を中心に、近隣エリアも含めて不動産売却のご相談に応じております。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
火・水曜日 年末年始

関連記事

成約事例

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ