残債がある不動産投資用物件の売却はできる?売却方法をご紹介!

残債がある不動産投資用物件の売却はできる?売却方法をご紹介!

名古屋市港区で不動産投資用物件を売却しようか検討している方は、ローンの残債があっても売買できるのか気になっていると思います。
もし難しいのであれば、手放しにくいと考えてしまうかもしれませんね。
そこで、この記事では、名古屋市港区で不動産投資用物件の売却を検討している方に向けて、残債がある場合について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

残債のある不動産投資用物件を売却できるケースもある

実は、不動産投資用物件に残債があっても売り出せるケースもあります。

売却できるケース

売却費用が残りのローンを上回るケースであれば、不動産投資用物件を売ることが可能です。
この場合、残りのローンを一括で返済して、抵当権を抹消します。
抵当権抹消登記をすることで、不動産登記の名義変更が可能になります。

売却できないケース

売却費用が残りのローンを下回るケースは、不動産投資用物件を売ることが難しくなってしまいます。
このような状態は、オーバーローンと呼ばれています。
多くのローンが残っていると、売却費用だけでは完済できません。
また、抵当権抹消登記も絡んでくるため、結果的に不動産投資用の物件を手放すのは難しいと考えてください。
しかし、オーバーローンの状態になっている物件でも売るための対策法はあるため、次の項目で解説します。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

残債のある不動産投資用物件を売却する方法

オーバーローンの物件を売却する方法は次のとおりです。

  • 売却費用でローンの残債を賄う
  • 買い替えローンを組む
  • 任意売却する

の3種類です。
下記で、どのような手段なのか解説します。

売却費用でローンの残債を賄う

売却費用で残債を賄い、不足する分は自己資金で支払う方法です。
不動産投資用物件の売値が低い場合は、ローンの残債のほうが上回ってしまうため、自己資金を使用して抵当権抹消をおこないます。
しかし、自己資金で用意する分は、分割返済ができないため一括で支払う必要があります。

買い替えローンを組む

買い替えローンとは、残債と新たなローンの費用をまとめて融資してもらう方法です。
預貯金がなくてもローンを組めることが特徴ですが、二重でローンを組むため、通常の場合よりも審査が厳しいことがデメリットです。
なお、審査では、年齢や年収、過去の借り入れ記録などを調査して、融資を受けられるか判断されます。

任意売却する

任意売却とは、ローンの返済が難しい場合に物件を売る方法です。
競売に比べると高い値段で物件を売却できて、かつ所有者の意思に基づいて取引を進めることが可能です。
しかし、任意売却にも条件があるので、最終手段として考えておくことをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産投資用物件は、ローンの残債があっても売却する方法があることを学べたと思います。
まずは、どのくらいの値段で売れるのかを知っておきたいところです。
私たち「不動産売買・買取専門店アビテナ」は名古屋市港区を中心に、近隣エリアも含めて不動産売却のご相談に応じております。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日・他当社カレンダーによる

関連記事

成約事例

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ