離婚時に家を財産分与する方法とは?【基礎知識編】

離婚時に家を財産分与する方法とは?【基礎知識編】

離婚すると夫婦の共有財産は、財産分与によって分配することになります。
しかし家や土地といった分割しにくい財産は、どのように分配するのかが問題になりがちです。
そこで財産分与とはなにか、離婚時に家を分配する方法とともに確認していきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

離婚時に知っておきたい家の財産分与とは?

財産分与とは、離婚時に夫婦が共有している現金や家などの財産を分割することを意味します。
基本的には二人で折半しますが、離婚理由や経済状況などを総合的に判断し、分配比率を決定します。
たとえば配偶者の収入が少ない場合、一定期間の生活費を見込んで、多めに財産分与することもあるでしょう。
また離婚について有責性があるほうが、慰謝料の名目で相手に多く財産を渡すことも考えられます。

共有財産と特有財産の違い

共有財産とは、婚姻期間中に形成した財産を意味します。
具体的には現金・預貯金・家だけでなく、車や有価証券、保険などが含まれます。
さらにパートナーに内緒で取得した不動産も、婚姻期間中に購入していれば夫婦の共有財産です。
一方で財産分与の対象外である特有財産は、以下のようなものが該当します。

  • 婚姻前の預貯金
  • 婚姻時に持参した家財(嫁入り道具など)
  • 自身の親族から相続した遺産
  • 別居後に得た財産

この記事も読まれています|不動産売却に際して知っておきたい契約や売却方法・離婚時の注意点とは?

\お気軽にご相談ください!/

離婚で家を財産分与をする際の方法

マイホームとして利用している家や土地は、現物のままで分割するのは難しい財産です。
そのため離婚の際は、住み続ける人がいるかどうかで財産分与の方法が変わります。

住む人がいない場合

離婚後にどちらも住む必要性がないなら、売却し現金化するのが最もシンプルに財産分与をする方法になります。
新生活を始めるにあたりまとまった現金が必要になるため、その資金源になるのもメリットの一つです。
住む人数に合わせて小さな家に住み替えれば、住まいの維持費も抑えられるでしょう。

住み続ける場合

仕事の都合や子どもの通学など、さまざまな事情でどちらかが住み続ける場合は、相手の持分を買い取る方法があります。
しかし不動産の価値が高いと、居住を希望するほうは高額の金銭を支払わなければなりません。
また夫婦の共有名義でローンを組んでいた場合、ローン返済中は名義変更ができません。
そのため、ローンの借り換えが必要になることもあるので注意してください。

この記事も読まれています|不動産売却に際して知っておきたい契約や売却方法・離婚時の注意点とは?

まとめ

離婚時の財産分与で気を付けたい、家の取り扱いについて解説しました。
家や土地は高額な財産なので、お互いに納得できる分配を考えなければなりません。
そこで売却し現金化しておけば、余計なトラブルを避けられるでしょう。
私たち「ハウスドゥ!港区油屋町店」は名古屋市港区を中心に、近隣エリアも含めて不動産売却のご相談に応じております。
不動産の売却をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始

関連記事

オープンハウス情報

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ