名古屋市港区での不動産売却に役立つ区の計画や住みやすさを解説

名古屋市港区での不動産売却に役立つ区の計画や住みやすさを解説

名古屋市港区は市の南西部に位置し、市内で唯一海に面している区です。
話題となったレゴランド・ジャパンや名古屋港ガーデンふ頭といったレジャースポット、ららぽーとやイオンモールといった商業施設も揃った利便性の良いエリアです。
今回はそんな名古屋市港区で不動産売却を考える際の要素をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に有利になる?名古屋市港区で計画されている再開発

不動産売却を検討するには、将来的に港区がどのように整備されていくのか知りたいところです。
港区役所が公表している計画によると、レジャーや商業施設が新設していること、また開業予定のリニア中央新幹線が名古屋駅に停車することから今後の人の流れは増えていくことが期待されています。
とくに、名古屋港周辺は40年ほど前から、市民に親しまれる湾岸環境創りを掲げて、ガーデンふ頭エリアの新設や整備が進められてきました。
近年の再開発では、ららぽーとなどの商業施設を含む、みなとアルクスが開業しました。
金城ふ頭エリアにはレゴランド・ジャパンがオープンし、港区の中でも湾岸地域はとくに再開発が進むエリアです。
一方、伊勢湾に面していることから、南海トラフ巨大地震など災害への備えを区の施策のトップにあげて重視しています。
そんな名古屋市港区の地価動向は近年上昇傾向でしたが、新型コロナウイルスの影響から観光地や商業地において下落する可能性があります。
不動産売却は感染症の流行状況を見ながら考えることになるでしょう。

この記事も読まれています|不動産売却の流れとは?媒介契約から売却活動・必要な期間まで詳しく解説

\お気軽にご相談ください!/

名古屋市港区で不動産売却するなら住みやすさにも注目

それでは住みやすさという観点からはどうでしょうか。
少子化が進んでいるものの、名古屋市にある16区のうち24歳以下で出産する割合がもっとも多くなっており、若い子育て世代が多いことも特徴のひとつです。
港区西部はファミリー世代のレジャースポットである戸田川緑地、国内最大級のプール・サンビーチ日光川といった、湾岸エリアとはまた違った魅力があります。
また交通面でも住み良い区です。
市営地下鉄、名古屋鉄道、名古屋臨海高速鉄道の3路線が走っており、ガーデンふ頭最寄りの名古屋港駅からJR名古屋駅までは約25分、小中学校が周辺に多い稲永駅から名古屋駅は約16分でアクセス可能です。
区内には高校までの教育・保育施設は充実していますし、通学や通勤にもこの交通アクセスの良さは魅力的です。

この記事も読まれています|不動産売却の流れとは?媒介契約から売却活動・必要な期間まで詳しく解説

まとめ

今回は名古屋市港区で不動産売却を検討するうえで知りたい、港区の再開発を含めた将来像や、現在の住みやすさなどをご紹介しました。
名古屋市港区に不動産をお持ちで売却をご検討の方は、ぜひ弊社へご相談や、無料査定をご依頼ください。


■色々な物件をまとめて見学したい
■住宅ローンの相談がしたい
■現状で新築戸建てって買えるの?
■不動産購入の流れを詳しく知りたい
■賃貸マンションの家賃が勿体ない
■現在分譲マンションに住んでいて、
住宅ローンが残っているが、買い換えたい
■相続された不動産があるが
住む予定がないから早く売却した
など、なんでもご相談ください!

いつでもお気軽にお問い合わせください♪

↓まずはご相談だけの方は、こちらからご予約いただけます!↓

来店予約



↓お電話でのお問い合わせはこちら↓
0120-370-213

★名古屋市で物件をお探しの方★
360度カメラで撮影した屋内写真も多く掲載しております!



★ご売却ご希望ご希望の方★

まずは、価格だけ知りたい方は、

最短10秒で査定価格をご確認いただけます!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始

関連記事

オープンハウス情報

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ