空き家を「そのままの状態で売りたい」場合と「更地にして売りたい」場合

空き家を「そのままの状態で売りたい」場合と「更地にして売りたい」場合

長く誰も住んでいない空き家を、売却したいと考えている方も多いかもしれません。
建物の状態によって、そのまま売る方が良いのか更地にして売った方が良いのかおすすめしたい方法が異なってきます。
ここでは、空き家を売りたい方に、どれくらいお金がかかるのかなどご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

空き家をそのままの状態で売りたい場合どうすれば良いか

古くなった空き家は、そのままの状態で売ることをおすすめしたい場合と、更地にしてから売ることをおすすめしたい場合があります。
そのままの状態で売ることをおすすめしたいのは、古民家として十分価値がある場合です。
もちろん、問題なく住めるような物件も、そのままの状態で売却することを検討してみても良いでしょう。
また、解体費用が高く査定額よりも超えるような場合も、そのまま売った良い場合が少なくありません。
こういったさまざまな理由がありますので、空き家を売却する場合は、まず不動産会社に査定してもらい相談の上、判断することをおすすめします。
そのままの状態で売りたい場合は、その後売却活動を開始します。

この記事も読まれています|家の解体費用はどれくらい?相場と解体の流れとメリットについて

\お気軽にご相談ください!/

空き家を更地にして売りたい場合どうしたら良いか

まずは、解体費用など必要な費用を把握しましょう。
解体にかかる費用は、家の広さや建物構造などによっても異なっています。
目安としては、木造住宅の場合は一坪あたり3~4万円くらい必要になりますし、鉄骨造であれば3~5万円程度かかります。
また、このほかにも家財の処分のためのお金も必要になります。
これは、家財がどれくらいあるのかによって違ってきますが、20~50万円くらいかかり、量が多ければ多いほど高額になることが多いです。

この記事も読まれています|家の解体費用はどれくらい?相場と解体の流れとメリットについて

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたい場合費用はどれくらい必要なのか

空き家を更地にして売る場合は、そのためのお金が必要になるのですが、そうでない場合であってもお金がかかります。
売ったことで利益が発生した場合は、「譲渡所得税」が課税されることになります。
また、不動産会社を通して売却に至った場合は、その成功報酬として「仲介手数料」を支払うことになります。
ほかにも、「印紙税」が必要となります。
これは売買契約書にはるもので、契約金額によって印紙税は異なります。

この記事も読まれています|家の解体費用はどれくらい?相場と解体の流れとメリットについて

まとめ

長く空き家を所有している方のなかには、売却を検討している方も多いと思いますが、その場合そのままの状態で売る方法と、更地にして売る方法があります。
覚えておくと、よけいなトラブルを未然に防ぐことが可能です。



名古屋市で不動産購入・売却・買替などのご相談は、
こちらからハウスドゥ!港区油屋町店にお問い合わせください!

来店予約



★まずは価格だけ知りたい場合はこちらから★
最短10秒で査定価格をご確認いただけます!

10秒査定


★名古屋市で物件をお探しの方はこちらから★
360度カメラで撮影した写真も多くございます!

物件検索



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始

関連記事

オープンハウス情報

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ