名古屋市港区で不動産を売却したい! 住みながら家を売る方法やメリットとは?

名古屋市港区で不動産を売却したい! 住みながら家を売る方法やメリットとは?

この記事のハイライト
●住みながら売却する方法は資金計画が立てやすい売り先行がオススメ!
●最大のメリットはリスク回避!住み替えの際の資金計画が立てやすい!
●売却体制を万全に整え、エリアに強い信頼できる不動産業者選定を!

「子どもが生まれて家が手狭になった」「親の介護が必要なため、実家に戻ることになった」など、売却理由は人それぞれです。
突然家を売却することになったら、今の家に住みながら不動産売却をおこなうことができるのでしょうか?
答えはイエスです。
今回は、自宅に住みながら不動産売却をする方法やメリットとデメリットについてピックアップします。
また住みながら不動産売却をする際の注意点についても解説します。

\お気軽にご相談ください!/

名古屋市港区で不動産を売却したい! 住みながら家を売る方法とは?

名古屋市港区で不動産を売却したい! 住みながら家を売る方法とは?

家を売却する場合、売却が先か住み替え先の家の購入が先か、悩みますよね?
家を住み替える際の手順には2つの方法があります。
それは「売り先行」と「買い先行」です。
売り先行:家を売却してから新居を契約します。
資金計画を立てやすいのが最大のメリットです。
買い先行:先に新居を購入し、引越し後に売却活動をはじめます。
空き家状態なので購入希望者が自由に内覧でき、住んだままの売却よりも有利に売却できる可能性があります。
売却したい家にローンがなく、自己資金にも余裕があれば購入と売却を同時並行で進めるのが理想的。
しかしながら売却と購入の契約を同日にする必要があったり、住宅ローンの完済と新規ローンの借入日の調整も必要となります。
そうなると売却と購入のタイミングを合わせるのがかなり大変。
実際は売り先行か買い先行どちらかを進める場合がほとんどです。
そして二重ローンを避けながら、なるべく損をしないための売り方が、住みながら売却する「売り先行」の方法です。
売り先行で売却を進めることで、次の住み替え先の資金計画も立てやすく、売れるまでの住宅ローンの2重返済も回避できます。
次からは住みながら売却活動するメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

この記事も読まれています|不動産売却にホームステージングを取り入れるメリットと必要コストとは

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却活動!住みながら売却するメリットとデメリットとは?

不動産の売却活動!住みながら売却するメリットとデメリットとは?

不動産の売却を住みながら活動するのは、やっぱり不安がありますよね。
住みながら不動産売却をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?
デメリットと合わせてご紹介します。

メリット①住み替え先の予算が組みやすい

住みながら売却活動しているとお客様から引き合いがあった際に、およそいくらぐらいを希望されているのか、相場が分かってきます。
住み替えの場合、購入は売却が決まってからの契約がオススメですが、相場に応じて物件検索などの活動は進めておくといいでしょう。

メリット②家賃のムダがない

たとえばまだローンが残っている家を売却するときは、先に物件を購入すると二重ローンが発生してしまいます。
さらに売却先が見つからない場合は、二重ローンの時期が長くなり家庭に大きな負担がかかる場合も。
住み替え先が実家で家賃がかからない場合や、売却物件のローン残債はなしなどの条件でない限り、住みながらの売却活動は大きなメリットがあるでしょう。

メリット③安売りを避けられる

家が売れないと、二重ローンから逃れたい一心で、安く売りたたいてしまうケースがあります。
高値で取引できる物件なのに、気持ちに余裕がもてないことから、大幅な損失が発生してしまう場合も。
住みながら売却先をじっくり吟味することで、そういった大切な資産の安売りを避けられます。
売却に詳しい不動産業者に相談しながら売り時をきっちり検討しましょう。

デメリット①休みのお出かけが自由にできない

いつ内覧の連絡が入るのかわからず、遠方への旅行など自由にお出かけはできません。
いつでも不動産業者からの連絡に出られるよう、家族で協力しあう必要があります。
週末お出かけが習慣のアクティブなファミリーにとっては、ストレスに感じられるかもしれません。

デメリット②住み替え先が見つからない場合、仮住まいが必要になる

もし売却がうまく進んでも、売却契約のタイミングで住み替え先の購入が決まらなかったら、仮住まいを用意しなければなりません。
仮住まいは引越し費用も2重になり手間がかかるため、なるべく避けたいところです。

デメリット③空き家物件に比べると雑多に見られる

室内クリーニングを入れ、日頃からキレイな室内を保たれた空き家物件に比べると、どうしても人が住んでいる状態の家は雑多に見られます。
どんなに忙しくても突発的な内覧に備えて、いつでもお客様が迎えられるよう、お部屋をキレイに保つ必要があります。
また空き家物件との差別化を図るような工夫も必要です。

  • 売却物件でステキに暮らす様子を家具や小物で演出
  • 売却物件周辺のお出かけスポットを営業マンに伝えておく
  • 売却物件に住んでいるからこそわかるオススメポイントを営業マンに伝授

この記事も読まれています|不動産売却にホームステージングを取り入れるメリットと必要コストとは

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却活動を住みながらおこなう際の注意点とは?

不動産の売却活動を住みながらおこなう際の注意点とは?

住みながら売却するには、さまざまな注意点もあります。
ここからは、住みながら売却する場合の注意点について解説します。

注意点①いつでも内覧可能な状態にしておく

不動産の売却において大切なこと。
それはタイミングです。
理想の価格で購入してくれる顧客がいたのに、売却主と連絡がつかず他の物件に取られてしまった。
またいつもキレイにしているのに、たまたま忙しく掃除や片付けができなかったときに内覧が入ってしまった。
こういったタイミングが悪いときに限って、購入希望者は現れることがあります。
さらにタイミングを逃してしまうと、次はいつ購入希望者が現れるかわからないのも不安なところ。
売却活動中はいつでも不動産業者からの連絡を取れるようにし、購入希望者の要望へ臨機応変に対応できる体制にしておくようにしましょう。

注意点②生活感を極力出さない工夫が必要

内覧に来られた購入希望者には、できるだけ高く売りたいですよね?
住みながら売却活動を成功させるには、できるだけ生活感は抑えたいもの。
たとえば以下のような内容です。

  • 物を出しっぱなしにしない。
  • 雑多に見えるものはBOXなどで隠す
  • 収納BOXの種類やカラーを揃える
  • 壁や冷蔵庫に紙を貼らない
  • 水廻りはとくにキレイを保つ

このような状況がずっと続くと、売却者の方も大変ですよね?
そこで一日でも早く売却できるように確率をあげるのが次の項です。

注意点③不動産業者1社に任せっきりにしない

前項のような状態が何カ月も続くと、さすがに売却活動も疲弊してしまいます。
そこで一日でも早く売却活動を成功させるために必要なのが、最初に依頼した不動産業者1社に任せっきりにしないことです。
前項で申しあげたとおり、購入希望者と希望の物件が出会うのにタイミングはとても重要!
タイミングがずれてしまうと、チャンスを逃す恐れがあります。
より多くの購入希望者の目にとまるよう、売却エリアの不動産業者数社に売却物件の掲載を依頼するといいでしょう。
その際はぜひ、名古屋市港区に店舗をかまえる、ハウスドゥ!港区油屋町店へご相談いただきたいと思います。

この記事も読まれています|不動産売却にホームステージングを取り入れるメリットと必要コストとは

まとめ

住みながら売却先を探すのは、簡単なことではありません。
しかしながら住みながら売却活動するからこそ、二重ローンの発生もなく資金計画に余裕をもって住み替え先を探せます。
名古屋市港区で住みながら売却をお考えの方、これから売却したいけど何からはじめたらいいのかわからずお悩みの方はぜひ、弊社「ハウスドゥ!油屋町店」までお気軽にご相談くださいませ。


名古屋市で不動産購入・売却・買替などのご相談は、
こちらからハウスドゥ!港区油屋町店にお問い合わせください!

来店予約



★まずは価格だけ知りたい場合はこちらから★
最短10秒で査定価格をご確認いただけます!

10秒査定


★名古屋市で物件をお探しの方はこちらから★
360度カメラで撮影した写真も多くございます!

物件検索



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始

関連記事

オープンハウス情報

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ