不動産購入にはどのような必要書類があるの?種類・印鑑・住民票も解説

不動産購入にはどのような必要書類があるの?種類・印鑑・住民票も解説

この記事では不動産購入にはいったいどんな必要書類があるのか、詳しく解説します。
ひと口に書類といってもさまざまな種類があり、各種書類以外にも印鑑や住民票もいります。
この記事を読んで必要書類への疑問や不安をすっきり解消してください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産購入をする際の必要書類はどのような種類がある

まずは、不動産を手に入れるための必要書類には種類があることをお伝えします。
本人確認するためのもの、ローンを組む人の収入額を証明するもの、それも購入に関するものやローンに関するもの、物件や土地に関するものと分かれます。
必要書類は以下のとおりです。

  • 購入申込書(買付証明書のことで不動産会社でもらう)
  • 債務者と連帯保証人、担保提供者それぞれの本人確認書類(健康保険証・パスポート・運転免許証など)
  • 収入証明書類(給与所得者は源泉徴収票/個人事業主は確定申告書と同付表/法人代表者は決算報告書)
  • 物件や土地に関する書類(物件概要書・土地構図の写しなど・間取り図)
  • 借入れ上状況を証明する書類(返済予定表や金融機関の通帳)
  • 住宅ローンに関する書類(借入申込書・団体信用生命保険申込書兼通知書・本人確認書類・住民票・印鑑証明書・住宅ローン契約書・抵当権設定契約証書)※金融機関によって必要書類は少々異なる

この記事も読まれています|不動産購入する人が知っておきたい流れ!注意点・ポイント・内覧方法も必見

\お気軽にご相談ください!/

不動産購入をする際の必要書類のほかに印鑑も

続いて、不動産を買うためには印鑑もいる点について解説します。
土地や家を買うには実印・銀行印・認め印と印鑑証明書も必要です。
証明書は債務者、連帯保証人、担保提供者の分です、発行3か月以内のもの何通か用意しておきます。

この記事も読まれています|不動産購入する人が知っておきたい流れ!注意点・ポイント・内覧方法も必見

\お気軽にご相談ください!/

不動産購入をする際の必要書類には住民票も含まれる

最後は、不動産購入をする際の必要書類には「住民票」も含まれるかどうかについて。
住民票は発行後3か月以内のものが必要で、マイナンバー(個人番号)と本籍地の記載がないものを何通か用意しましょう。
記載内容は同居している家族すべての続柄(関係性)が記載されているものに限ります。
各種書類を自分で準備するタイミングは、購入を決めて相談する時、売買契約をする際、ローン審査、残金決済、登記などです。

この記事も読まれています|不動産購入する人が知っておきたい流れ!注意点・ポイント・内覧方法も必見

まとめ

不動産を購入する際の必要書類をご紹介しました。
住宅ローンを通す時や物件引渡しをする時などで書類は異なり、金融機関や債務者によってもその種類は少々異なります。
住民票の記載内容についても種類があること、証明書もいることがおわかりになったと思います。
弊社は名古屋市港区エリアに強い不動産会社ですが、このようなマイホーム購入に関するさまざまなご質問も受け付けております。
この記事がマイホームを取得する皆さんの一助になればうれしく思います。


名古屋市で不動産購入・売却・買替などのご相談は、
こちらからハウスドゥ!港区油屋町店にお問い合わせください!

来店予約



★まずは価格だけ知りたい場合はこちらから★
最短10秒で査定価格をご確認いただけます!

10秒査定


★名古屋市で物件をお探しの方はこちらから★
360度カメラで撮影した写真も多くございます!

物件検索




ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始

関連記事

オープンハウス情報

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ