家の解体費用はどれくらい?相場と解体の流れとメリットについて

家の解体費用はどれくらい?相場と解体の流れとメリットについて

家の売却を考えている人にとって、古くなった家の改築よりも一旦更地にしてから売却したほうがよいことがあります。
そこで疑問になるのが解体費用や解体の流れや解体した場合のメリットがどうなっているのか、これらの疑問についてわかりやすくまとめていきます。

\お気軽にご相談ください!/

家の解体費用における相場について

古くなった家を解体する場合の相場は構造と広さが大きな要素となってきます。
これにどのような立地に建物が建っているのか、アスベストなどの有害物質が使われているかどうか、どのような解体業者に依頼するのか、依頼する時期はいつになっているのかが加味されることで相場が見えてくるのです。
建物の構造や広さや立地による費用というのはどの業者に依頼しても値段の上下幅は大きくはなりにくいのですが、時期や依頼する業者そのものに対する費用変動は幅がありますので注意しましょう。
解体するための重機が搬入しやすい場所にあるのかどうかなど様々な要素から金額が決まっていくのです。

この記事も読まれています|家の解体費用に利用できる補助金(助成金)の条件や注意点

\お気軽にご相談ください!/

家の解体費用の見積もり以降の流れについて

見積もりをして具体的に契約をした後の流れは解体準備⇒解体工事⇒廃材処理と整地という手順になっています。
解体準備は電気やガスを停止し引き込み線を撤去するための手配や、騒音が出てしまうため、予め近所にその旨を伝えておくことも含まれます。
解体工事は工事現場によくある足場を組んで騒音や埃を抑えるための防音シートで覆い、備え付け家具などの内装を解体して、屋根や骨組みとなっている柱や梁を解体します。
解体作業はここで終わりではなく、骨組みや屋根を解体した後にコンクリートの基礎を掘り起こして撤去するところまで含まれます。
最後に解体作業で出てきた廃材を分別して運び出し、地中に基礎の破片が埋まっていないかを確認し、OKがでたら整地作業を行い終了です。

この記事も読まれています|家の解体費用に利用できる補助金(助成金)の条件や注意点

\お気軽にご相談ください!/

家の解体費用に影響するメリットとデメリットについて

更地にして売却するメリットは土地の買い手がつきやすくなる可能性があるということです。
家に価値が付けられない場合でも売却することは可能ですが、買い手側からすると解体に関する手間暇がかかってしまうので、なかなか買い手が見つからないケースもあります。
こういったマイナス要素を消すために役立つのが解体作業なのです。
ただし、こういった解体作業は無料ではできないので費用がある程度必要となり、固定資産税が更地にすることで優遇措置がなくなってしまうために上がってしまうのも金銭的には痛手となります。
住宅が建つ土地の固定資産税は建物があることで最大で1/6に抑えられているのですが、売却するのに手間取ってしまうと固定資産分の費用負担が増してしまいます。

この記事も読まれています|家の解体費用に利用できる補助金(助成金)の条件や注意点

まとめ

土地を売るためにも更地にすることには悪い点もありますが、売りやすくなるという良い点もあるので判断するのはかなり難しいです。
まずは、手放したい土地が売れる場所かどうかを調べてから更地にするかどうかを判断し、そこから解体費用がどうなっているのかを確認していきましょう。


名古屋市で不動産購入・売却・買替などのご相談は、
こちらからハウスドゥ!港区油屋町店にお問い合わせください!

来店予約



★まずは価格だけ知りたい場合はこちらから★
最短10秒で査定価格をご確認いただけます!

10秒査定


★名古屋市で物件をお探しの方はこちらから★
360度カメラで撮影した写真も多くございます!

物件検索



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始

関連記事

オープンハウス情報

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ