不動産リノベーションのメリット・デメリット~名古屋市港区専門~

不動産リノベーションのメリット・デメリット~名古屋市港区専門~

不動産リノベーションという言葉を、最近よく耳にする方もいらっしゃるかと思います。
今お持ちの不動産の築年数が古いため、これを売却して新たな物件に引っ越すか、それとも売却せずにリノベーションするのか、お悩みではありませんか。
そこで今回は、リノベーションとは何か、そしてメリット、デメリットなどについて詳しくご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産リノベーションとは?

不動産リノベーションとは、電気・ガスの配管や天井、壁、床まで全面的に刷新し、建物に新たな付加価値を与える大規模な改修のことをいいます。
一方、リフォームとは、古くなった設備や内装を元の状態に戻す通常の修繕のことをいいます。
リフォームよりも大がかりな工事のことをリノベーションといいます。

不動産リノベーションの種類

不動産をリノベーションするには、いくつかパターンがあります。
間取りはそのままにして、バスルームや洗面台を大きくしたり、ランドリールームを作ったりする方法があります。
あるいは、室内をすべて解体して、配線や配管などもすべて新しくするフルリノベーションという方法もあります。
そして、古民家の雰囲気をあえて残しつつ住みやすくするためのリノベーションもあります。

この記事も読まれています|不動産がなかなか売れないときは原因を考えて改善案を実施!

\お気軽にご相談ください!/

不動産リノベーションの費用にはいくらかかる?

不動産リノベーションの費用

不動産リノベーションの費用は、リノベーションする対象がマンションなのか一戸建てなのか、どの程度改修したいのかによって費用が異なります。
費用は、一般的に広さ60㎡で約600~900万円かかるといわれていますが、物件や好みのよって差があります。
そのため、一概に比較するのは難しいといえます。

不動産リノベーションのメリット・デメリット

不動産リノベーションするメリットは、ライフスタイルや自分の好みに合わせて自由に設計できることにあります。
また、リノベーションしてから不動産を売却する際は、通常より買い手が見つかりやすいこともあります。
築年数が古くても、設備や内装は新しいためです。
一方、デメリットには、工事の費用がかかることと、売却目的でリノベーションしても高値は期待できないという点があります。

この記事も読まれています|不動産がなかなか売れないときは原因を考えて改善案を実施!

まとめ

不動産をリノベーションしてライフスタイルにあった、快適な暮らしを手にする方法があります。
費用はかかってしまいますが、築年数が古い不動産がまるで新しい家に生まれ変わったかのようにリノベーションされた家には愛着を持てそうです。
リノベーションするにあたり、メリット・デメリットも考慮に入れつつ検討してみてください。

名古屋市で不動産購入・売却・買替などのご相談は、
こちらからハウスドゥ!港区油屋町店にお問い合わせください!

来店予約



★まずは価格だけ知りたい場合はこちらから★
最短10秒で査定価格をご確認いただけます!

10秒査定


★名古屋市で物件をお探しの方はこちらから★
360度カメラで撮影した写真も多くございます!

物件検索



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始

関連記事

オープンハウス情報

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ