不動産がなかなか売れないときは原因を考えて改善案を実施!

不動産がなかなか売れないときは原因を考えて改善案を実施!

不動産を売るためには、通常3カ月から半年ほどの期間がかかるといわれています。
半年以上経っても売れないときや、思ったよりも時間がかかると感じたときは、売れない原因について考えてみましょう。
今回は不動産がなかなか売れないときに考えられる原因と、解決するための改善案についてご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない原因として考えられることとは?

不動産がなかなか売れないときには、さまざまな原因が考えられます。
なかでも多い原因を3つピックアップして、ご説明しましょう。

価格設定が適切ではない

不動産の価格は、不動産会社の査定を基にして決めることが一般的です。
査定どおりにしなくても、売主が自由に決められます。
ただし、不動産には「相場」があり、その物件にふさわしい価格帯があります。
ですから、相場よりも高すぎる価格だと、買主を見つけることは難しいでしょう。

内見の際の対応に問題がある

「内見」とは、購入希望者が物件を実際に見学することです。
内見時の印象が購入の決め手となることも多く、スムーズな売却のための大きなポイントといえます。
ですから、部屋がひどく散らかっていたり汚れや破損が目立ったりすると、内見者に「買いたい」と思ってもらえないでしょう。

物件の立地などが原因

「駅から遠い」「買い物が不便」など、利便性が高くない立地の場合、なかなか売れない可能性があります。
「特殊な形をしている」「再建築ができない」など、利用しにくさが原因で売れないこともあるでしょう。
また、リフォーム前提の買主に人気がある古い物件も、状態によっては買ってもらいにくいと考えられます。

この記事も読まれています|不動産売却にホームステージングを取り入れるメリットと必要コストとは

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れないときには改善案を実施してみよう!

思い当たる原因を見つけたら、改善案を実施してみましょう。
価格設定が適切ではない場合は、まず相場を把握することが大切です。
自分の不動産と似ている条件の物件の取引価格を調べ、その金額を参考にしながら価格を見直してみましょう。
また、内見者が来ても購入につながらない場合は、見学したときに魅力を感じられるような工夫を考えましょう。
なお、立地や古い建物が原因の場合は、改善が難しいかもしれません。
その際は、不動産会社に買取してもらうこともおすすめです。
仲介による売却よりも価格は安くなりますが、すぐに売れることがメリットです。
時間が経っても売れないときは、一度検討してみましょう。

この記事も読まれています|不動産売却にホームステージングを取り入れるメリットと必要コストとは

まとめ

不動産がなかなか売れないときは、まず原因を探ってみましょう。
そのうえで、それぞれの原因に合わせた改善案を実施すると、売却につながる可能性があります。
それでも売れないときは、不動産会社による買取も検討してみましょう。


名古屋市で不動産購入・売却・買替などのご相談は、
こちらからハウスドゥ!港区油屋町店にお問い合わせください!

来店予約



★まずは価格だけ知りたい場合はこちらから★
最短10秒で査定価格をご確認いただけます!

10秒査定


★名古屋市で物件をお探しの方はこちらから★
360度カメラで撮影した写真も多くございます!

物件検索



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始

関連記事

オープンハウス情報

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ