不動産売却の仲介手数料の相場はいくら?最新版~名古屋市港区専門~

不動産売却の仲介手数料の相場はいくら?最新版~名古屋市港区専門~

不動産売却時には仲介手数料が必要です。
これは、個人では集客や契約手続きが難しく、不動産会社に仲介してもらう必要があるからです。
仲介手数料についてしっかりと理解し、心づもりしておけば、売却時に慌てずにすみます。
今回は、仲介手数料とその相場や計算方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の仲介手数料とは

仲介手数料とは、不動産を売買する際に、不動産会社に支払う成功報酬のことです。
つまり、仲介手数料は売買契約が成立したことを受けて支払われる報酬です。
そのため、もし売買契約が成立しなければ、仲介手数料は支払わなくてよいのです。
仲介手数料を支払うタイミングは、不動産会社によって異なります。
売買契約が締結された時に手数料の半分を、そして不動産の引き渡し時に残りを支払う方法があります。
一方、不動産を引き渡す時に一括払いする場合もあります。
また、現金払いが一般的で、銀行振込やクレジットカードで支払えることもあります。
現金の場合は、ATMの引き出し限度額も考慮しつつ前もって準備しておくとよいでしょう。
「宅地建物取引業法」では、建物の売買などに関する報酬の額は決められた上限を超えてはならないと定められています。
そのため、不動産会社が上限を超えて仲介手数料を請求した場合は、法令違反です。
しかし、上限を超えなければ、不動産会社が自由に決定できます。

この記事も読まれています|不動産売却に必要な費用とは?税金や諸費用の種類について知っておこう

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の仲介手数料の相場

仲介手数料の相場はいくら?

厳密にいうと、仲介手数料の相場はありません。
仲介手数料の上限が決まっていることは前述のとおりです。
一方、上限ギリギリの金額を仲介手数料とすることが多いため、上限額が相場であるともいえます。
そのため、その上限額を知っておく必要があるのです。

仲介手数料の計算方法

2018年から不動産の売買価格が400万円以下であれば、不動産会社は18万円を上限にして仲介手数料を売主側から受け取れることに、宅建業法が改正されました。
それ以外の不動産については、下記のように計算してみましょう。

  • 売買価格×4%+2万円+消費税(売買金額が200万円以上400万円以下)
  • 売買価格×3%+6万円+消費税(売買金額が400万円以上)

たとえば、2,000万円の不動産を売買する場合に売主側が不動産会社に支払う仲介手数料は、次のとおりです。
(2,000万円×3%+6万円)+消費税10%=(60万円+6万円)+6.6万円=72.6万円

この記事も読まれています|不動産売却に必要な費用とは?税金や諸費用の種類について知っておこう

まとめ

不動産売却時には不動産会社に支払う仲介手数料がかかります。
仲介手数料の上限を理解しておけば、不動産会社から提案された手数料が適正水準かどうか判断できます。
また、交渉次第では値引きも可能です。
できるだけ諸費用を抑えたい方にとっては、仲介手数料の金額を知ることが大事です。

名古屋市で不動産購入・売却・買替などのご相談は、
こちらからハウスドゥ!港区油屋町店にお問い合わせください!

来店予約



★まずは価格だけ知りたい場合はこちらから★
最短10秒で査定価格をご確認いただけます!

10秒査定


★名古屋市で物件をお探しの方はこちらから★
360度カメラで撮影した写真も多くございます!

物件検索



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-370-213

営業時間
10:00~19:00
定休日
年末年始

関連記事

オープンハウス情報

不動産売却

不動産購入

山口の日記

売却査定

お問い合わせ